当社社員 鈴木孝幸がパリ2024パラリンピック競技大会水泳競技 日本代表選手に決定News

2024.07.05

日本パラリンピック委員会(JPC)による、パリ2024パラリンピック競技大会水泳競技日本代表選手の発表を受け、当社社員である鈴木孝幸が同大会への出場が決定しましたのでお知らせします。

鈴木は、2024年3月9日(土)~10日(日)に開催された、パリ2024パラリンピック水泳競技日本代表推薦選手選考競技会を兼ねた「2024日本パラ水泳春季チャレンジレース」に3種目で出場し、派遣基準記録Aを突破したことにより日本代表推薦選手に内定しておりました。

【パリパラリンピック出場予定の種目】
水泳/Swimming
・男子50m自由形(S4)/Men’s 50m Freestyle S4
・男子100m自由形(S4)/Men’s 100m Freestyle S4
・男子200m自由形(S4)/Men’s 200m Freestyle S4
・男子50m平泳ぎ(SB3)/Men’s 50m Breaststroke SB3
・4×50mメドレーリレー(20ポイント)/Mixed 4x50m Medley 20 points Relay

【鈴木孝幸コメント】

「いつもたくさんの応援をいただき、ありがとうございます。
私自身6回目となるパラリンピックの代表選手に選んでいただきました。パラリンピックに出場する以上は、表彰台に上がることはもちろんのこと、より高みを目指して頑張りたいと思います。
ご声援のほど、よろしくお願いします。」

【プロフィール】

鈴木孝幸
すずき・たかゆき

株式会社ゴールドウイン サステナビリティ推進室サステナビリティ推進グループ所属
1987年、静岡県浜松市出身。
6歳で水泳を習い始め、高校入学後、本格的に競泳に取り組む。高校3年生の時に日本代表としてアテネ2004パラリンピックに出場。団体で出場した200mメドレーリレーでは銀メダルを獲得。200mフリーリレーでも4位入賞を果たす。早稲田大学教育学部在籍時に出場した北京パラリンピックでは日本の競泳チームの主将を務め、150m個人メドレー、50m平泳ぎ、50m自由形、100m自由形、200m自由形に出場し、50m平泳ぎで金メダル、150m個人メドレーで銅メダルを獲得。平泳ぎの予選では48秒49の世界記録を打ち立てた。大学卒業後、株式会社ゴールドウイン入社。スピード事業部、コーポレートコミュニケーション室、CSR推進室を経て、2024年4月から、サステナビリティ推進室に所属し、共生社会推進の役割を担う。ゴールドウイン所属後もロンドン、リオ、東京と連続してパラリンピックに出場し、東京では金メダル1個、銀 メダル1個、銅メダル3個を獲得、出場した全種目でのメダル獲得を果たした。その功績を認められ令和3年度紫綬褒章を受章。また、現在、PCアスリート評議委員としても活動中。